レム睡眠とノンレム睡眠の簡単説明

睡眠は一般的に、レム睡眠とノンレム睡眠の二つに分けて考えます。

レム睡眠のレム(REM)は、英語の「Rapid Eye Movement」の頭文字です。日本語に訳すと、「急速眼球運動」です。睡眠中にこの急速眼球運動を伴う睡眠で、睡眠時間の約25%はこのレム睡眠です。夢を見ている事が多い睡眠です。

レム睡眠中に起こされると、夢を覚えている事が多い睡眠でもあります。大脳の活動は非常に活発で、時として、覚醒時よりも活発になるといいます。夢を見るのも、そんな活発な脳活動の一端です。筋肉への指令系統の神経は遮断され、体を動かす事はできません。

ノンレム睡眠は、「急速眼球運動」が起きない睡眠で、睡眠時間の75%を占める睡眠です。脳は休息している睡眠ですが、記憶を強化する性質があるという研究結果があります。体を動かす事ができるので、寝がえり等をうつのは、この睡眠中です。

ここではノンレム睡眠と一括りに分けていますが、脳波によって眠りの深さに差があり、役割に違いがあるようです。睡眠はノンレム睡眠から始まり、レム睡眠に入り、再び、ノンレム睡眠からレム睡眠に入る繰り返しです、一回のノンレム睡眠からレム睡眠の時間は90分が標準的との事です。

私は普段6時間の睡眠をとりますが、6時間を90分で割ると、「4」になります。つまり、4回のノンレム睡眠とレム睡眠の周期を繰り返して起床する事になります。ほぼ毎日、起床前に夢を見ていますので、4回目のレム睡眠時の夢を見ていると考えています。ほぼ標準的な睡眠周期を繰り返しているようです。皆さんはいかがですか。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ